饗応料理研究家 管理栄養士 緋宮栞那

想い

未来はさらに機械が幅広く仕事をする時代になる。
では、人間の仕事はどうなるのだろうか。
人は、生きがいや希望を持つことで幸せになる。
私の仕事は「人間に力を与える」ことがミッションだと思っている。
いくら高度なテクノロジーが生まれてきても、機械ではできないこともある。人間が在り続ける限り、存在する人間への心あるあたたかな「おもてなし」やクリエイティブなもの。それは機械では生み出せない。
常に自分に問いかけることがある。「そこに愛があるか」と。
そして、「無から有を生み出す力」は、人間が持っている偉大な力だと。
歴史を学び、先人たちの知恵を学び、賢者の言葉を噛みしめると、必ずそこには愛がある。
未来の日本の国を背負っていく若者たちに伝えたい。それは、先人たちが培ってきた「和心」は、日本人が生み出した世界に誇れる「おもてなしの心」だと。
そこには愛があり、希望があり、生きがいがある。
私は「和食伝承士の育成」に精いっぱいの愛を持ち、希望を持ち、生きがいとなっている。皆の愛で生かされている幸せに心から感謝し、未来の平和への祈りをここに捧げたいと思う。

緋宮栞那講演中

PROFILE

一般財団法人ムスヒ財団 代表理事
一般財団法人日本和食教会 理事
きれい塾JAPAN CULTURE 株式会社 代表取締役社長
饗応料理研究家・日本食文化研究家・管理栄養士
小田原短期大学・学習院女子大学・戸板女子短期大学にて講演・講師活動。
講演活動にて、食育・日本の文化・武家の饗応料理など、
料理講座・講演活動をしながら伝承、その他、新聞・雑誌等に
日本食文化情報を多数投稿。(食と歴史の関係について)

* The Samurai Gourmet “武士の食卓” on Facebook 世界に発信!
   現在 102万人イイネ!突破

著 書   日本国内・NYなど多数出版

武士の食卓

(幻冬舎)

The SAMURAI GOURMET

(アメリカ・ニューヨーク・ワンピ)

大奥の食卓

(講談社 α新書)

ふたり分のあっさりご飯

(幻冬舎)

週末カンタンきれい食ダイエット

(小学館)

東大生限定「アタマがよくなるレシピ」

(生活情報センター)

FACEBOOK NEWS

稀勢の里の部屋、田子の浦親方。 著名作家の大下英治先生。 長い間、お喋り。 とても楽しい時間。 6月12日の饗応の会に、 大下英治先生が参加くださいます。 もしかしたら、親方も。(^^) ぜひ、小早川秀秋の会に、 ご参加くださいませ。 楽しい会になりますよ。(^^)
日本体育大学の、ライオンの前で。 未来のオリンピック選手達。 私は、生徒に学ぶ事が多い。 人間のレベル、限界を超えて、 はじめて世界の舞台に立てるのだ。 スポーツでも、ビジネスでも同じ事。 人間の限界を超えた時、 未知の世界に入る。 次にレベルアップができる。 そんな事を思うと、 私は人間のレベルを超えたほど、 やり抜いているだろうか。 限界を超えるほど、 困難や辛い事、苦しい事を 自分で乗り越えてきただろうか。 そんな反省をしている毎日です。 まだまだ 私は未知の世界を見ていない。 若い人たち。 私はこの歳になっても、 新しい世界を見たいと思う。 だから、若いということは、 体力や持久力があるのだから、 諦めないで、頑張ってほしい。 そう 思っています。(^^) 9月のニューヨークでの講演で、 武士の食卓として、 何を伝えようか。と、 ワクワクしています。 限界を超えるほど、 頑張ってみたい。kanna himiya
Retweeted ヨシツネ (@tomoyukintoki): 【武士の食卓応援】緋宮栞那様は6月12日に、清澄白河・霊厳寺にて、武士の食卓・小早川秀秋の会を開催されます。ぜひ、応援のほどをお願いします。 @HimiyaKanna
私の座右の銘の、ひとつ。 犬も歩けば棒に当たる。 これ、いいね! 9月にニューヨーク講演あります。 先の話ですが、 その事を励みに、 前進あるのみ。 自分のことは、自分でなんとかする! それが今の 私の課題。
昨夜の饗応のお客様より、 胡蝶蘭をいただきました。 とても嬉しく驚いております。 このように立派な胡蝶蘭は、 はじめてです。 言葉には表せない感動、大感謝です。 ちょっと、嬉しくて泣いてます。 このタイミングで、大きな愛をいただき、一生の大感謝! 内田様、ありがとうございました。 武士の食卓 家元 緋宮栞那
武士の食卓の本陣は、江戸城のすぐそばにあります。 番町に本陣を構え、「饗応の会」は江戸の守護神・霊厳寺にて、 「武士の食卓・和睦の膳」を開催しております。 この江戸の中心の磁場にて「本陣」を構えることが出来ること、成し遂げることが出来るという「意味」は、とても「役目の意味」が深く、心引き締まる思いでございます。 この「和睦の膳」こそ、日本の国を力強くまとめ、世界に誇れる健康食を伝えることにより、日本の和心で世界を平和へと導く役目だと私は思っております。 さて、「和睦の膳」一番重要な会が、6月12日にございます。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 6月12日 月曜日 午後7時から *武士の食卓・饗応の会「小早川秀秋の会」ご案内 なんと!!有名作家の「大下英治先生」から御申し込みを頂きました。少しお話もいただきます。すごい力強い波動を感じます! 大下英治先生とは、内緒の「飲み仲間」のような感じです。 お話が とてもとても興味深いので、楽しい時間を過ごさせていただいております。(*^。^*) 著書は、『映画女優 吉永小百合』(朝日新聞出版)、『闘争! 角栄学校』(講談社)、『トップ屋魂 首輪のない猟犬』(イースト・プレス)など400冊以上、出版されています。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 「小早川秀秋の会」ご案内~ 6月12日・月曜日・午後7時から~霊厳寺にて 【小早川秀秋の会】饗応料理の会を開催いたします!! 小早川 秀秋(こばやかわ ひであき)は、安土桃山時代の大名。 豊臣秀吉の正室・高台院の甥。秀吉の親族として豊臣家では重きをなしたが、小早川隆景と養子縁組した後には、関ヶ原の戦いで徳川家康の東軍に寝返り、豊臣家衰退の契機を作った。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 関ヶ原の戦いで争った二派は、徳川家康を総大将とする東軍。 毛利輝元を総大将とし石田三成を中心とする西軍。 この戦いが、歴史史上、とても大きな大きな日本の方向性を決めている。東軍勝利への流れを作ったのが 小早川秀秋。 実は 私は一番興味深い大名が、小早川秀秋なのです。 理由は、彼の生きざまと合戦中の心情は、今の時代に生きる私たちには計り知れない「波乱万丈」があるからです。 どんな思いで、関ヶ原の戦いの一日を過ごしたのでしょうか。 どんな思いで、若い人生を生き抜いたのでしょうか。 私は、とても興味深い 大好きな武将です。 6月12日が とてもとても楽しみでなりません。 ぜひ、ご参加くださいませ!! ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 日時:6月12日 月曜日 午後7時から 会場:清澄白河 霊厳寺(清澄白河 徒歩2分) 会費:18000円(税込) 13献の饗応・武家薬膳料理を お楽しみください。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ *多くの 武将の末裔のお殿様ご子孫の方々が 応援に来てくださいます。武将の末裔の方々が 勢ぞろい! 小早川先生御紹介 →、「自動車メーカーマツダにおいてロータリーエンジンの開発、ロータリーエンジン搭載スポーツカーの開発責任者、1991年のルマン24時間レース優勝時のモータースポーツ責任者、北米マツダ副社長などをつとめた」 お申し込みは、緋宮栞那迄  info@himiya.biz 080-3532-1652(会社携帯) お早めに お申し込みくださいね。(50名限定) 皆さまにお目にかかれますこと、とても楽しみにしております! 武士の食卓 家元 緋宮栞那 拝
日本テレビにて、「朝鮮通信使からの献上品・高麗人参」のCM放送があります。私は、料理家として高麗人参料理をご紹介しております。ぜひ!ご覧くださいませ。 なお、饗応の会にて撮影にご協力いただいたお客さま方には心より感謝を申し上げます。武士の食卓 家元 緋宮栞那 拝 北海道テレビ(北海道)   5月11日(木)11:00~ 北陸放送(石川)      5月15日(月) 9:55~ 秋田朝日放送(秋田)    5月15日(月)15:20~ 東京メトロポリタンテレビ(東京)5月15日(月)16:29~ テレビユー福島(福島)   5月16日(火)14:24~ 青森朝日放送(青森)     5月18日(木)14:00~ 東京メトロポリタンテレビ(東京)5月18日(木)16:00~ 東日本放送(宮城)     5月20日(土)11:15~ 秋田朝日放送(秋田)    5月20日(土)17:00~
5月22日の「徳川家への献上品を食べる会」は、本当に素晴らしいので、参加頂ける方々も 素晴らしいので、ぜひ、お越しくださいませ。ご連絡を お待ちしております。 きっと、チャンス・ご縁もつかめると思います。(*^。^*) https://www.facebook.com/events/116357768920845/ 5月22日 木曜日 午後7時から~ 武士の食卓・「徳川家への献上品を食べる会」  ~武家薬膳と献上酒を楽しむ 武士の食卓家元 緋宮栞那でございます。 とても学びがあり 貴重な会のご案内でございます。 献上品とは、大名の徳川家への 貢物。知性と教養の表れとして とても とても 重要な「品」。 この献上品の「センス」が、藩の存続に大きな役目があったのです。 今の時代には驚くばかり。だから、歴史は面白いのかもしれません!! 貢物の良しあしによって、藩の存続と繁栄が関わっていたという事実は、 現代にも伝わる 多くの美術品や伝統工芸品の レベルの高さから見ても 納得がいくと思います。 どこの藩主も、この「献上品」に 命がけだったというわけです。 たとえば、 紀州徳川家はミカンや忍冬酒(薬草酒)、 島津家は琉球泡盛、琉球布、 唐津土井家は唐津焼茶碗、 会津松平家は蝋燭、マツタケ、氷餅、 加賀藩の氷(夏場限定)加賀蒔絵、、、、 スルメや干魚、氷砂糖などは複数の大名から献上されています。 こういった品々が、「時献上」として毎月決められた日に、各藩から 江戸城に運ばれていきました。 このように諸大名は自国の特産品を将軍に献上しました。 それは、 ただ幕府は品物が欲しいから諸大名に献上しろと言っているのではなく、 諸大名の財力を削ぐための 徳川の手段だったといいます。 そのような 「徳川家への献上品」といわれる お酒や食べ物 器などを 時代考証として 皆さんで楽しみたいと思います。 緋宮が所持しております 貴重な 徳川家への献上品(古美術)も ご披露いたします!! :日時:5月22日 月曜日 午後7時から :会費:16000円(税込)13献の饗応料理と 献上酒をお楽しみください。 :会場:お申し込みの方に お知らせいたします。 お申し込みは、緋宮栞那迄  info@himiya.biz  080-3532-1652(会社携帯) 皆さまにお目にかかれることを 楽しみに お待ちしております。(*^。^*) 武家の食卓 家元 緋宮栞那 拝
【武士の食卓・饗応の会  6月・7月の予定】 6月12日(月)19時より 小早川秀秋の会 7月5日(水)19時より 太田道灌の会 会場は、清澄白河の霊厳寺。 霊厳寺は、松平定信の菩提寺があり、江戸の守護神でございます。 ぜひ、皆さまと共に、 歴史的に大きな影響のある武将の、「子孫が語る本当の姿」を共に感じ、今後世の中を生き抜いていくヒントになればと思います。 大勢の 大勢の 武将の方たちが応援に来てくださっています。 見えない世界で 日本を大切に思う武将たちが応援に来てくださっています。「武士の食卓」の行く末を導いてくださっています。 この会は、緋宮栞那が代表をしております 一般財団法人「ムスヒ財団」が主催です。 今すぐの夢は、全国各地の武将の菩提寺にて饗応の会を開催すること。菩提寺を大切に思う心、伝承する心が一番大切です。 先人達への感謝と尊敬の心が この国を強くさせるために必要なことです。先祖へ敬意を表することが、今生きている私たちには大事なことです。 「饗応」とは、 心を尽くし 相手を受け入れ 多大なる尊敬の心を持ち 健康と幸福を願って 愛情いっぱいかけて 和心でおもてなしをすること。 その場には、相手の健康を願う「武家薬膳」が振る舞われ、 五穀豊穣・子孫繁栄・健康長寿、豊かさを願う饗宴が行われるのです。(それには、宇宙の法則に沿った決まりごとがあります。) 料理も 建築物も、芸能や音楽も、すべて宇宙の法則に沿った演出をするのです。とても奥が深くて、学びは永遠です。 ムスヒ(産霊)のエネルギーによって作られています。 饗応の場は、 能や舞が披露され 素晴らしい音楽が奏でられ、 健康に良い日本酒が振る舞われ  神と共に 杯を交わします。 饗応は、命がけの接待でした。饗応することが出来る武将は、数少なく、饗応することが武将のたちの穂希であり、権力と知性の表れでもありました。戦ではなく、饗応によって 自国の強さを示していたわけです。 要するに「文化」で、強さと教養と権力を象徴していたのです。 緋宮栞那の先祖のお仕えしていた、「加賀・前田家」は、 国が一体となって、命を懸けて「文化政策」をしてきました。 公家文化の京都。武家文化の金沢。 その双方の「饗応文化」を料理に託し、盛り込んだのが、 武士の食卓・武家薬膳であります。 今後の 我が国の外交や文化政策に役立てたいと考えています。 多くの 武将たちが緋宮栞那の 夢枕に来てくださり、何だか託されたようで 今日の私の頭の中は、 パンパンでございます。(笑) 6月12日 小早川秀秋の会 7月5日 太田道灌の会 ぜひ、ご一緒に 神への 武将たちへの奉納の会に ご参加くださいませ。 必ずや、ご加護があります。   緋宮栞那 拝
武士の食卓®「饗応の会」のために、 饗応の会の食材調達のために、私は韓国まで出かける時もあります。 「朝鮮通信使からの日本への献上品」を買いに行きます。 時には、新幹線で金沢まで。飛行機で能登まで。こっそり行きます。日帰りの時もあります。もちろん、お取り寄せもします。 それが、私のこだわりです。 時代考証再現食・武家薬膳なので 時代考証を考えると 必然的にそうなるのです。 武家薬膳は もちろん季節の野菜・自然のリズムということも大事ですが、「和漢」なので、「食べる事が薬である」ということが一番です。 血管と血液が浄化されるような ファイトケミカル満載の食事です。 健康長寿、病気の改善、そして美しくなる美容食事法にもこだわります。 漢方食材と栄養、目に見えないエネルギーや、宇宙の法則・波動に従っての料理の作り方や盛り付け方 食べる順番にもこだわるのが本当の武士(将軍や大名)の食事でした。 だから、武士の食事は、世界で一番健康食なのです。それだけ、日本の食文化は世界一、素晴らしいのです。 それが、「饗応」® なのです。 本当のところ、作り手の波動が一番大切なのです。だから、だれでも、、、ということではないのが武家薬膳になります。 作り手になりたい人は、修行から入ります。心の修業です。 出来なかった人は、残念ながら 出来なかった人は 作ることはできません。それが 宇宙の法則です。 宇宙の法則 作り手の波動 を 一番に重んじているので、 きっと、そういうご縁が 饗応の会に繋がるのだと私は思っています。 スタッフ一同、心を尽くして 頑張っています。 5月11日は 素晴らしい波動。会場内は すごいことになると思います。 世界的な有名ヴァイオリニストの 高雄敦子氏の 大河ドラマメドレーが 今から楽しみでなりません。 彼女の 宇宙と繋がる崇高な波動を 感じてください。 ご参加頂いている皆さま、 武士の、サムライの、武士道の、婦道の、日本の和心の、、 素晴らしい波動を お楽しみくださいませ。 私は、今日から 準備の為 多忙です。では、買い物に行ってきます!!   武士の食卓家元 緋宮栞那 拝
6月12日・月曜日・午後7時から~霊厳寺にて 【小早川秀秋の会】饗応料理の会を開催いたします!! 小早川 秀秋(こばやかわ ひであき)は、安土桃山時代の大名。 豊臣秀吉の正室・高台院の甥。秀吉の親族として豊臣家では重きをなしたが、小早川隆景と養子縁組した後には、関ヶ原の戦いで徳川家康の東軍に寝返り、豊臣家衰退の契機を作った。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 関ヶ原の戦いで争った二派は、徳川家康を総大将とする東軍。 毛利輝元を総大将とし石田三成を中心とする西軍。 この戦いが、歴史史上、とても大きな大きな日本の方向性を決めている。東軍勝利への流れを作ったのが 小早川秀秋。 実は 私は一番興味深い大名が、小早川秀秋なのです。 理由は、彼の生きざまと合戦中の心情は、今の時代に生きる私たちには計り知れない「波乱万丈」があるからです。 どんな思いで、関ヶ原の戦いの一日を過ごしたのでしょうか。 どんな思いで、若い人生を生き抜いたのでしょうか。 私は、とても興味深い 大好きな武将です。 6月12日が とてもとても楽しみでなりません。 ぜひ、ご参加くださいませ!! ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 日時:6月12日 月曜日 午後7時から 会場:清澄白河 霊厳寺(清澄白河 徒歩2分) 会費:18000円(税込) 武士の食卓ブランド日本酒お土産付・上杉孝久氏プロデュース 13献の饗応・武家薬膳料理を お楽しみください。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ *多くの 武将の末裔のお殿様ご子孫の方々が 応援に来てくださいます。武将の末裔の方々が 勢ぞろい! 歴史ファンの方、ぜひ!! お申し込みは、緋宮栞那迄  info@himiya.biz 080-3532-1652(会社携帯) お早めに お申し込みくださいね。(50名限定) 皆さまにお目にかかれますこと、とても楽しみにしております! *小早川先生は、とてもとても 素敵な素敵な紳士。自動車・マツダの役員でもあられますので 車好きの方には 大変面白い情報が満載だと思います!!車好きの方も ぜひ!!! 武士の食卓 家元 緋宮栞那 拝
武士の食卓・小早川秀秋の会 6月12日 月曜日 午後7時から~清澄白河・霊厳寺(江戸の守護神)にて *松平定信の菩提寺 *ご子孫が とても尊敬できる紳士であり謙虚な素敵なお方です。ものすごく魅力ある方に出会えましたこと 幸せでございます。 6月12日・月曜日・午後7時から~霊厳寺にて 【小早川秀秋の会】饗応料理の会を開催いたします!! 小早川 秀秋(こばやかわ ひであき)は、安土桃山時代の大名。 豊臣秀吉の正室・高台院の甥。秀吉の親族として豊臣家では重きをなしたが、小早川隆景と養子縁組した後には、関ヶ原の戦いで徳川家康の東軍に寝返り、豊臣家衰退の契機を作った。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 関ヶ原の戦いで争った二派は、徳川家康を総大将とする東軍。 毛利輝元を総大将とし石田三成を中心とする西軍。 この戦いが、歴史史上、とても大きな大きな日本の方向性を決めている。東軍勝利への流れを作ったのが 小早川秀秋。 実は 私は一番興味深い大名が、小早川秀秋なのです。 理由は、彼の生きざまと合戦中の心情は、今の時代に生きる私たちには計り知れない「波乱万丈」があるからです。 どんな思いで、関ヶ原の戦いの一日を過ごしたのでしょうか。 どんな思いで、若い人生を生き抜いたのでしょうか。 私は、とても興味深い 大好きな武将です。 6月12日が とてもとても楽しみでなりません。 ぜひ、ご参加くださいませ!! ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 日時:6月12日 月曜日 午後7時から 会場:清澄白河 霊厳寺(清澄白河 徒歩2分) 会費:18000円(税込) 武士の食卓ブランド日本酒お土産付・上杉孝久氏プロデュース 13献の饗応・武家薬膳料理を お楽しみください。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ *多くの 武将の末裔のお殿様ご子孫の方々が 応援に来てくださいます。武将の末裔の方々が 勢ぞろい! 歴史ファンの方、ぜひ!! お申し込みは、緋宮栞那迄  info@himiya.biz 080-3532-1652(会社携帯) お早めに お申し込みくださいね。(50名限定) 皆さまにお目にかかれますこと、とても楽しみにしております! ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ *小早川先生は、とてもとても 素敵な素敵な紳士。自動車・マツダの役員でもあられますので 車好きの方には 大変面白い情報が満載だと思います!!車好きの方も ぜひ!!! 武士の食卓 家元 緋宮栞那 拝
皆さま。いつもFBにて、「いいね!」をいただき、心より感謝申し上げます。いいね!をいただきました方々の投稿などは 出来るだけ拝見させていただいております。素敵な方々とのご縁に心より感謝申し上げます。 多くの方がお友達になっていただいておりますので、今一度、私の活動をお伝えしたいと思っております。 私は 現在 日本体育大学や その他 女子大学でも 講演や講義をしながら、 世界に誇れる健康食、武士の食卓「武家薬膳」を 伝承しております。 歴史観 精神性 日本人ならではの和心を 盛り込んだ  日本の根幹の 日本食文化を時代考証しながら、 子々孫々と伝えていくことを 目的に活動しております。 私の子孫は、加賀前田藩・前田家の料理人でもあったことから、 「饗応料理研究家」として活動しております。 ムスヒ財団という財団の代表理事としても 世界にむけて 無形文化遺産となった日本の食文化を 発信しております。 世界各国、多くの財団と提携しながら 協力関係を持っており、世界に誇れる健康食を伝えていく活動をしております。 その活動の一つとして、 毎月「武家の饗応料理の会」を開催し、 各藩の大名のご子孫などに ゲストにお越しいただき 時代考証の食を含めて  「子孫しか知らない 語れない 本当の姿」というテーマにてご講演をいただいております。 出来るだけ多くの 日本人に伝えていきたいと 思い、 毎月一回の 会食会「武家の饗応料理の会」を  清澄白河・霊厳寺(江戸の守護神)にて開催しております。 また、武士の食卓「和食伝承士」という資格認定講座を開催し、 「武士の食卓」のれん分け を 目的に 人材育成にも力を入れております。現在は、すでに世界で活躍する数人の方々が のれん分けを目的に 個人レッスンをしております。さすが、根性があり素直な男女なので、今後が楽しみでなりません。  日本の国は 大丈夫だと 安堵しております。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 緋宮栞那の ホームページでございます。 http://www.himiya.biz/ http://www.bushinosyokutaku.com/ http://www.kireijukuculture.com/ http://www.musuhi-foundation.com/ お時間のある時にでも みて頂けたら嬉しく存じます。 ♡シェアを頂けると 有難く思います。(*^。^*) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ さて、霊厳寺にての 饗応料理の会のご案内でございます。 5月11日は 「真田幸村の会」 6月12日は 「小早川秀秋の会」でございます。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 6月12日・月曜日・午後7時から~霊厳寺にて 【小早川秀秋の会】饗応料理の会を開催いたします!! 小早川 秀秋(こばやかわ ひであき)は、安土桃山時代の大名。 豊臣秀吉の正室・高台院の甥。秀吉の親族として豊臣家では重きをなしたが、小早川隆景と養子縁組した後には、関ヶ原の戦いで徳川家康の東軍に寝返り、豊臣家衰退の契機を作った。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 関ヶ原の戦いで争った二派は、徳川家康を総大将とする東軍。 毛利輝元を総大将とし石田三成を中心とする西軍。 この戦いが、歴史史上、とても大きな大きな日本の方向性を決めている。東軍勝利への流れを作ったのが 小早川秀秋。 実は 私は一番興味深い大名が、小早川秀秋なのです。 理由は、彼の生きざまと合戦中の心情は、今の時代に生きる私たちには計り知れない「波乱万丈」があるからです。 どんな思いで、関ヶ原の戦いの一日を過ごしたのでしょうか。 どんな思いで、若い人生を生き抜いたのでしょうか。 私は、とても興味深い 大好きな武将です。 6月12日が とてもとても楽しみでなりません。 ぜひ、ご参加くださいませ!! ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 日時:6月12日 月曜日 午後7時から 会場:清澄白河 霊厳寺(清澄白河 徒歩2分) 会費:18000円(税込) 武士の食卓ブランド日本酒お土産付・上杉孝久氏プロデュース 13献の饗応・武家薬膳料理を お楽しみください。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ *多くの 武将の末裔のお殿様ご子孫の方々が 応援に来てくださいます。武将の末裔の方々が 勢ぞろい! 歴史ファンの方、ぜひ!! お申し込みは、緋宮栞那迄  info@himiya.biz 080-3532-1652(会社携帯) お早めに お申し込みくださいね。(50名限定) 皆さまにお目にかかれますこと、とても楽しみにしております! *小早川先生は、とてもとても 素敵な素敵な紳士。自動車・マツダの役員でもあられますので 車好きの方には 大変面白い情報が満載だと思います!!車好きの方も ぜひ!!! 武士の食卓 家元 緋宮栞那 拝
6月12日・月曜日・午後7時から~霊厳寺にて 【小早川秀秋の会】饗応料理の会を開催いたします!! 小早川 秀秋(こばやかわ ひであき)は、安土桃山時代の大名。 豊臣秀吉の正室・高台院の甥。秀吉の親族として豊臣家では重きをなしたが、小早川隆景と養子縁組した後には、関ヶ原の戦いで徳川家康の東軍に寝返り、豊臣家衰退の契機を作った。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 関ヶ原の戦いで争った二派は、徳川家康を総大将とする東軍。 毛利輝元を総大将とし石田三成を中心とする西軍。 この戦いが、歴史史上、とても大きな大きな日本の方向性を決めている。東軍勝利への流れを作ったのが 小早川秀秋。 実は 私は一番興味深い大名が、小早川秀秋なのです。 理由は、彼の生きざまと合戦中の心情は、今の時代に生きる私たちには計り知れない「波乱万丈」があるからです。 どんな思いで、関ヶ原の戦いの一日を過ごしたのでしょうか。 どんな思いで、若い人生を生き抜いたのでしょうか。 私は、とても興味深い 大好きな武将です。 6月12日が とてもとても楽しみでなりません。 ぜひ、ご参加くださいませ!! ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 日時:6月12日 月曜日 午後7時から 会場:清澄白河 霊厳寺(清澄白河 徒歩2分) 会費:18000円(税込) 武士の食卓ブランド日本酒お土産付・上杉孝久氏プロデュース 13献の饗応・武家薬膳料理を お楽しみください。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ *多くの 武将の末裔のお殿様ご子孫の方々が 応援に来てくださいます。武将の末裔の方々が 勢ぞろい! 歴史ファンの方、ぜひ!! お申し込みは、緋宮栞那迄  info@himiya.biz 080-3532-1652(会社携帯) お早めに お申し込みくださいね。(50名限定) 皆さまにお目にかかれますこと、とても楽しみにしております! *小早川先生は、とてもとても 素敵な素敵な紳士。自動車・マツダの役員でもあられますので 車好きの方には 大変面白い情報が満載だと思います!!車好きの方も ぜひ!!! 武士の食卓 家元 緋宮栞那 拝
江戸の守護神・霊厳寺での、「饗応の会」 5月11日は、仙台真田家「真田幸村の会」を開催します。 殿様たちが大集合! 真田家、上杉家、武田家、前田家。。。。 ちょっと、すごい饗応の会になります! 歴史ファンには たまらない会になると思います!! お寺なので とても広く まだまだお席はありますよ。 ぜひ、5月11日 ご参加くださいませ!!50名限定 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 【まるで、大河ドラマ!!】真田丸の生演奏があります!! 5月11日・木曜日 「真田幸村の会」 5月11日は 武田信玄公の ご子孫 武田先生が 参加いただけることになりました。勢ぞろいの会でございます。 仙台真田家  上杉家  武田家 前田家 そして、、、、 世界的有名なヴァイオリニスト 高雄敦子氏の「真田丸」演奏 と、こんなにスペシャルな会は ないかもしれません!! まるで大河ドラマだと思います。 ☆「仙台真田・真田幸村の会ご案内」☆ 「武士の食卓イベント」5月11日の武家の饗応の会は、 「江戸の守護神・霊厳寺」にて開催!! 2017年・5月11日 木曜日午後7時から  「仙台真田・真田幸村の会ご案内」 仙台真田家は、真田信繁(幸村)の二男・片倉守信を家祖とする家で、江戸時代を通じて仙台藩士を勤めました。 幸村は、大坂夏の陣で敵本陣まで突撃し敵総大将徳川家康を追い詰めますが、 あと一歩及ばず討死にし、幸村の一族も滅亡したと思われていました。 ところが、子供達は密かに伊達軍に匿われて 遠く仙台藩へ逃れ「仙台真田家」として存続したのです。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 昌幸の死後、幸村は大坂冬の陣、夏の陣を戦いましたが、1615年、夏の陣で討ち死にしました。 幸村には子供が13人(男子4人、女子9人)いましたが、 長男の大助はこのときに自害。 当時、まだ4歳だった次男の大八と4人の娘が奥州に逃れました。 そこで大八が仙台真田氏を興し、私はその13代で、幸村から数えると14代にあたります。(真田徹氏より) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 引き取られた後、藩は次男の大八の存在を隠していました。 家康を窮地に陥れた幸村の子が生き残っているとなれば、徳川幕府が許すはずがありません。 そこで伊達家は幕府を欺くため、大八は「8歳のときに京都で死んだ」という情報を九度山の蓮華定院に流したうえで、 実際の大八については、家系図を操作して「真田幸村の叔父の孫だ」と幕府に報告していたようです。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ そんな、真田幸村の血筋・DNAを受け継いだ、 仙台真田家13代当主の 真田徹先生に  「子孫しか 語ることのできない 真田幸村の本当の姿」を、お聞きしたいと思います。 とにかく、私は テンションが上がってしまって 体中がエネルギーで満ち溢れています!! なぜならば、 「生き抜く」ということが、私にとっての一番の成すべき事、「子々孫々」が武士の食卓のテーマなので、 すごく 共感・共鳴するからです。 真田徹先生に、 「生き抜く」「生き延びる」「何としてでも生き抜き、子々孫々と繋げる」という、 日本人として 一番大切なことを ご教授いただけたら とてもうれしく この会の主催者として 本望でございます。 武士の食卓 家元 緋宮栞那(ひみやかんな) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 【ご案内】 日時:2017年 5月11日・木曜日・午後7時から (受付は、6時30分から 早目にお越しください) 会場:清澄白河  霊厳寺 江東区白河1-3-32  清澄庭園前の大きな交差点から,庭園とは反対方向へ少し進む。( 清澄白河駅徒歩2分)霊厳寺さまに、ムスヒ財団の活動を応援いただいております。特別なお計らいをいただいております。 会費:18000円(税込)13献の祝いの膳と高級酒  (武家薬膳の世界に誇れる時代考証・健康食!!) 武士の食卓(上杉子爵家コレクション)の日本酒お土産付    ゲスト:仙台真田氏(宗家)仙台真田家13代・真田徹氏・・・・日本一の兵の血脈、仙台に根ざす ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 【江戸の守護神・霊巖寺について】 江戸を語るのに,このお寺を抜きにするわけにはいかない。 松平定信の墓や江戸六地蔵の一つ銅造地蔵菩薩坐像が鎮座している。 あの「寛政の改革」を行った老中松平定信の墓があるのです。 創立は、徳川家康・秀忠・家光に信頼のあった雄誉霊巌という人が1624年に葦の原を埋め立てて造成した。 このお寺は江戸が産声をあげ発展するその歴史を見てきた大切なお寺である。 この霊厳寺さまに、特別なお計らいで、 ムスヒ財団主催の「饗応の会」を 応援いただく事になりました。 霊厳寺さまに 心より感謝申し上げます。 お申し込みは、緋宮栞那まで info@himiya.biz 080-3532-1652まで 武士の食卓代表 緋宮栞那 拝
5月に、日本体育大学にて、講演をします。打ち合わせに、行って参りました。 将来のオリンピック選手を前に、何を伝えようか、ワクワクします! 日本体育大学は、まるで美術館。 素晴らしい貴重な美術品がいっぱいの、キャンバスでした。 夜は、素晴らしい方々の集まる会があり、本当に良い方々とご縁がありました。 今日は、良い一日でした。 大感謝! kanna himiya
【血管と血液が、健康と美しさを作ります】 少しだけ、努力を誉めてくださいね。 私の年齢は、50代後半です。半世紀以上生きています。 体重は、独身の時より5キロぐらい増えています。 3人の子供を産んで、子育てしながら少し体重が増えました。 でも充分、9号サイズは着れます。背が高いので丈が足りないだけです。 何を言いたいのかというと、年の割には「スタイルがいいですね。」と言われるのです。お上手かもしれませんが、たぶん年の割には、洋服も着物も 着こなせると思います。 自慢しているのではなくて、努力しているのです。 はっきり言って、努力なくしては ずっときれいでいることはできないと思います。 私の場合は、職業柄「食を楽しんでいる」。 健康に良いと言われれば、何でも一度は「人体実験」をします。 そして、出来るだけ 即効性のあるものを 信じて実践します。 いろんなことを「人体実験」しました。これだけ生きていれば、飲むもの、食べるもの、運動など、いろいろやってみたわけです。好奇心が旺盛だから 続いたと思います。 結論的に、行き着いたのが「武家薬膳」というわけです。 毎日の料理の工夫です。 調理の仕方、切り方、盛り付け方、食べ方すべてです。 そして、味付け。その時の ちょっとした一工夫。 薬味薬草、高麗人参、珪素、塩、砂糖の使い方、、、など。 すべてに 使い方の法則があります。 武家薬膳とは、ファイトケミカルが満載の食事なのです。 その武家薬膳を、ずっと 毎日食べている私は、おそらく年齢より体が若いと思います。もう子供は産めませんが、心はまだ女性です。(笑)恋心もまだまだあります。 そんなこともあり、やはり この武家薬膳の法則を 皆さんにお伝えしたいと思います。ご要望が多いので、料理教室を始めます。お好きなご都合のいい時に、参加くださいね。 老若男女、関係なく 多くの方に伝えたいと思います。 【武士の食卓・武家薬膳料理教室のご案内】 とても、ご要望が多いので 武家薬膳料理教室を開催することにしました。 5月は2回開催します。 「緋宮先生から 直々に教えてほしい」とう方が増えてきて、 本当にうれしい限りです。何よりも大切なのが、「健康」ですね。 1・5月15日(月)午後7時30分から 午後9時30分すぎまで 2・5月25日(木)午後7時30分から 午後9時30分すぎまで 3・6月7日(水)午後7時30分から午後9時30分まで 4・6月21日(水)午後7時30分から午後9時30分まで 世界無形文化遺産の「和食」。 その和食の根幹、世界に誇れる健康食「和漢」を学びます。 武家薬膳・料理教室に、ぜひ、ご興味のある方 ご参加くださいね。 会費は、8500円(税込) 会場は お申し込みの方々に 個別にお知らせしますね。 内容は、もちろん!武家薬膳について。 「1汁5菜」の夕食を一部一緒に作り、とても大切なことは講義にてお伝えいたします。 お申し込みは、緋宮栞那迄。 info@himiya.biz 080-3532-1652(会社携帯)   武士の食卓 家元 緋宮栞那 
武士の食卓・武家薬膳料理教室 2017年5月15日 - こくちーずプロ(告知'sプロ) #武士の食卓 https://t.co/etyHcAqzOU @kokuchproさんから
武家薬膳の会~徳川献上品を食する会~ 2017年5月22日 - こくちーずプロ(告知'sプロ) https://t.co/WXMXNHPPjK @kokuchproさんから
【武士の食卓・武家薬膳料理教室のご案内】 とても、ご要望が多いので 武家薬膳料理教室を開催することにしました。 5月は2回開催します。 「緋宮先生から 直々に教えてほしい」とう方が増えてきて、 本当にうれしい限りです。何よりも大切なのが、「健康」ですね。 1・5月15日(月)午後7時30分から 午後9時30分すぎまで 2・5月25日(木)午後7時30分から 午後9時30分すぎまで 世界無形文化遺産の「和食」。 その和食の根幹、世界に誇れる健康食「和漢」を学びます。 武家薬膳・料理教室に、ぜひ、ご興味のある方 ご参加くださいね。 会費は、8500円(税込) 会場は お申し込みの方々に 個別にお知らせしますね。 内容は、もちろん!武家薬膳について。 「1汁5菜」の夕食を一部一緒に作り、とても大切なことは講義にてお伝えいたします。 お申し込みは、緋宮栞那迄。 info@himiya.biz 080-3532-1652(会社携帯)   武士の食卓 家元 緋宮栞那 
靖国神社・参拝。 鬢付け油の香りに、引き寄せられて 幸せな瞬間をいただきました。ほんのり香る、お香の伽羅や沈香のような香り。 スパイシーでセクシーな香りです。 神々しい香りの中、饗応料理の会の成功をお祈りしております。 5月11日は 「真田幸村の会」。 必ず 価値ある会にすることを神に誓いました。(*^。^*)
4月19日(水)午後7時からは、「公家と武家の薬膳の会」。 日本の武家薬膳の「王道」は、やはり徳川家だろう。 もちろん、各藩の大名家の武家薬膳は それぞれが「王道」。 各藩には、素晴らしい食材と郷土料理がある。 水曜日の会は、ちょっとお勉強もかねてと思って、上野寛永寺に参拝に行ってきた。徳川様に、確認とご指導をいただくために。 歓迎されたような、澄みきった空気感があったので 確信。 心より感謝いたします。 武家薬膳の王道は、やはり「大奥の食卓」「徳川家の食卓」だろう。 私の先祖がお仕えした加賀藩にも、 大奥の女性達が「姫様の御輿入れ」と共に、入場している。 徳川家の影響は、全国に行きわたっていると言えよう。 そこで、 お時間がある方は ぜひ、ご参加くださいね。とってもスペシャルなゲストがいらっしゃいます!! ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ☆4月19日(水)午後7時からは、☆ 「精進料理と武家と公家の薬膳」の会でございます。 学びながら食するという、意義のある会食会。 食して体験し、学びを味わう会。 このような貴重な会は、武家の食卓のみ。 世界に誇れる健康食・和漢料理をいただきながら、 日本古来から伝わる「美と健康」の秘訣を食からご披露いたします。 最高の日本酒と共に楽しんでいただければと思っております。 「公家と武家の薬膳料理」そして「精進料理」の料理解説は、 私、緋宮栞那が致します。(*^。^*) お気軽な気持ちで ご友人さまとご一緒にお越しくださいませ。 楽しい会にしたいと思っております!!(*^。^*) 日時:4月19日・水曜日 午後7時から~ ご満足いただける料理とお酒をご提供 会費:16000円 税込 お申し込み・ご詳細は、緋宮栞那 まで info@himiya.biz 080-3532-1652(会社携帯) ものすごく 食と味覚の満足と 学びの満足があると思います。 健康と美に 興味のある方、ぜひ 御参加くださいね!! 海外の富裕層の方々も参加されるので、とても素敵な会ですよ。 和食の真髄を味わってくださいね。 武士の食卓 家元 緋宮栞那 拝
#饗応の会 ~#真田幸村 ご子孫をお招きして~ 2017年5月11日(東京都) - こくちーずプロ(告知'sプロ) https://t.co/KVPzLmtagu @kokuchproさんから
武士にとって、「黒」は一番高貴な色。 だから、お殿様のご子孫を饗応する「饗応の会」には、 黒紋付きを着ることにしている。 夜、眠りに付く時は 今日の一日を「今日も忙しかったな、いい一日だったな。」と感謝し、 朝起きたときは、また 新しい一日が始まる。昨日までの私ではなくて、新しい私が生まれる。今、ここに立っている。ということを思う。 昨日は、素晴らしい打ち合わせが出来た。これも、饗応の会のファンのお客様からの御紹介で仕事が続く。この会は、かなりビジネスマッチングになっているようだ。ありがたい事。(*^。^*) そういえば、この饗応の会で、5組、結婚まで至ったカップルがいらっしゃるので、本当に、幸せの縁が繋がる会だと 自分でも思う。 そう、、、、、 幸せを感じることは一瞬で、 思い悩み苦しい事の方が99%かもしれないけど、 1%の幸せを感じられればいいと思っている。 いつも、饗応の会で「挨拶」をし、皆様に感謝の心を伝えているときは、幸せの絶好調。1%の幸せの瞬間。 しかし、その一瞬あとは また 来月の饗応の会の開催に心がシフトする。会の成功だけを考える毎日。 たぶん、生きるということは その繰り返しなんだろう。 一歩一歩しか進めない。 そんなことを 我が子や 次世代の若者に伝えたくて 書きました。 大名や、家臣や、町人や、百姓も 身分は違えども 役目が違えども、今を一生懸命に生きてきたのだろう。 現代に生きている私たちも 昔とは世の中の仕組みが違うけれど、 それぞれの立場で 一生懸命に生きている。 私は、「しあわせ」とは、お金のエネルギーだけで掴めることではないことも知っている。 1%の幸せを感じる瞬間は、「人の愛」ということを知っている。 だから、毎月 繰り返し繰り返し、、、、、 「饗応料理の会」を 続けている。 日本酒プロデューサーの 上杉孝久先生に 毎月来ていただきながら、武士の食卓を創り上げている。 多くの皆様に 心より感謝申し上げます。 本日は、とても大事な会議がある。 気合入れて、「帯締め」を結びます!!!  緋宮栞那 拝
「#饗応の会」#真田幸村 の会 日時:5月11日19時~ 場所: #霊巌寺(江東区白河1丁目3−32) 会費:18,000円 #武士の食卓 お土産付 ゲスト:真田徹氏 お申し込み:info@himiya.biz 皆様のお越しを心よりお待ちしております。 https://t.co/NewLbdMLv8

PROJECT

武士の食卓

「武士の食卓」とは、饗応料理研究家である緋宮栞那が、日本古来の食養学、本草学、薬食学を研究し、「世界に誇れる日本の健康食」をまとめました。 その料理の総称を「武士の食卓」といいます。「時代考証再現食」として料理を作り、日本の歴史と文化を料理に託して伝承することを目的としています。 各藩の大名の子孫や大名のお抱え料亭、お抱え料理人の末裔の方々にご教示・ご指導をいただきながら学びました。 また、全国各地の伝統食を口伝や古文書などを基に研究し、形にしたものです。 武士の食卓は、「江戸時代に完成された日本の食文化」で、作法やしきたり、精神性、成り立ちがとても重要。 武士は「質素・倹約」が通常で自分を厳しく律していました。 しかし、祝いの場では最高の贅と心を尽くし、健康を願い、自然を敬い、相手を尊び、子孫繁栄の願いを込めて「おもてなし=饗応」をします。 だからこそ、長寿の食べ合わせや、心身の健康、永遠の美しさや若さ、そして、心身の強さを保つことができる食事が求められました。 そんなエネルギーの高い栄養学が盛り込まれた“究極の食文化”が、「武士の食卓」なのです。 私たちの一番の願いは、「日本文化伝承」。 そして、日本を海外に伝える国際人の育成です。 和食伝承士とは、「日本文化伝承人」と同意語です。 本講座を通じて多くの方に「武士の食卓」を継承していただき、先人たちが培ってきた世界に誇れる健康食を子々孫々と伝承していけることを願っております。

The "Samurai of the Table”,The culinary expertise of is a cooking expert Himiya Kanna is a combination of Japanese nutrutionism, herbalism, and food science, and she has put together a complete Japanese healthy diet. The generic name of the dish she had named "Samurai of the Table”. It has claims to be the "true Japanese diet", based on its tradition and history.
Lords of descendants and lords of Okakae restaurant of each Samurai clan, it was learned while receiving the teachings and guidance to members of the descendant of Okakae cook. In addition, it was intended to study the traditional food around the country based on such as word of mouth and ancient documents, so as to receive the proper form.

An essential element of Samurai of the Table is a "Edo based finished Japanese food culture", including manners and traditions, in which spirituality, holds very important.

The key values to the Samurai, which they had disciplined themselves severely were to discipline severely yourself in "frugality, and thriftiness". That said, during a celebration, wishing health and wealth, honoring nature, honoring the other members of the party, and the hope of fertility, this fell into to the category of "wine and dine”.
For this reason, eating properly with longevity in mind, mental and physical health, eternal beauty and youth, and, diet that can keep the strength of mind and body was required.

Thus, to be a “Warrior of the the Table” high nutrition of such energy was necessary.

It is our goal to show this side of Japanese cuisine to the rest of the world.
To many people through this course we will inherit the "Warrior of the Table",
we hope that is able to pass on healthy diet proud in a world where our ancestors have cultivated and Shishisonson.

Samurai of the Table-wine and dine Cooking expert-Himiya Kanna.

武士の食卓オフィシャルサイト

一般財団法人ムスヒ財団

「ムスヒ」とは、日本語の古代語で無から有を生み出す大きな力のことをいいます。
私がこの財団を作った理由は、世界に誇れる健康食である、素晴らしい和食の歴史や文化を通じて「和心」を分かち合い、世界中に和心を伝えたいという願いからです。
国境を越え、政治や経済を超えて「文化」でお互いを理解し合い、共感し、学び、高め合う。
この地球がムスヒ(MUSUHI)の力から生まれたことを感じ、地球人が一つになって自然を守ること、文化文明を分かち合うこと、愛(LOVE)によって支え合うことが平和(PEACE)への道だと思っています。
ムスヒ財団は、世界無形文化遺産となった和食を通じて、MUSUHI・LOVE・PEACEを世界中に伝えることを目的としています。

ムスヒ財団オフィシャルページ

一般財団法人日本和食協会

国内及び海外へ和食文化の原点や様式、作法等に関する正しい理解の普及を図り、和食文化の発展と振興に貢献することを目的とし、その目的に貢献するために事業を行う。

代表理事 四條隆彦(四條中納言山陰嫡流 四條司家第四十一代 當代)

きれい塾JAPAN CULTURE株式会社

きれい塾JAPAN CULTURE株式会社では、代表取締役であり、そして饗応料理研究家である緋宮栞那により、日本の食文化伝承を基本とし、出版、講演、料理教室、会食会、資格講座等を中心に活動しています。

日本の食文化の基本は、自然のリズムから成り立っています。
自然のリズムは、私たち人間の英知をしてもおよぶところではありません。 例えば野菜は、化学分析のことや栄養価のことも知らないで、自分たちに必要な栄養や水分を、土の中や空気の中から分量を間違えずに取り入れて、毎年、決まった時に同じ色の形や香りをさせて、葉や花、実を作ります。 そして、素晴らしい事に人間や他の生き物たちが必要な栄養素である、たんぱく質やビタミン、ミネラルまで作って与えてくれています。 このようなことは、どんなに立派な科学者でも絶対にまねができないことです。

私たち人間は、目に見える肉体を、目に見えないエネルギーで生かされていたり、生きあったりしている事に気がつきます。 人間界も植物界、動物界もすべて自然のリズムで循環しており、秩序が守られ融和しているのです。 万物は、循環しながら生かし合っているということです。
「生きる」ことは自然のリズムに合わせていくことであり、それから外れると心や体のバランスが崩れ、病んできます。

きれい塾JAPAN CULTURE株式会社では、このような「自然のリズム」を食に託し、世界に誇れる日本の健康食の開発と伝承、教育活動を中心に運営されています。

きれい塾オフィシャルページ

株式会社ボヌュール

私たち株式会社ボヌュールは、個人・団体に関わらず企画、商品開発等のブランディングを行い、国内外に向けて発信を行っていきます。 弊社は、皆様の大切な財産である知恵・技術・夢を共に考え、イメージして行き、創造し形にして、社会に広めて行く架け橋のような存在でありたいと思っております。 そして、より良い社会になるため皆様と一緒に歩んで行き社会に新しい風・感性・文化を皆様と共にお届けし、豊かで幸せな未来を実現して行きたいと考えております。

また私たちは日本らしさのある商品や人を発掘、プロデュースし、日本文化を広めていくことにも力を注いでいます。 今日の日本では、少し、日本の文化・伝統・芸術・世界観が失われていっているような気がします。 弊社はこれからの日本のあり方、未来の子供たちのためにも日本の文化を守っていき伝承していく必要があると考えております。 日本のよいところを皆様に知っていただいていろんな国との文化交流をしていき、日本の活性化に繋げています。 そして、プロデュースという形で皆様のパートナーとしてお役に経てたらと思います。

ボヌュールオフィシャルページ

緋宮栞那のメディア出演&講演活動

メディア出演の内容

☆管理栄養士としての活動
  • 季節の料理、健康食、世界の料理の提案と指導、料理解説 クッキング実演 コメンテーター監修 番組制作指導健康モデルとして
  • メタボリック・生活習慣病・婦人病・ホルモンバランスに関する栄養管理とコメント 料理実演、 監修、番組制作指導
  • ダイエット・美容・美肌・加齢・セルライト除去などの栄養管理と食生活指導 料理提案・実演・監修、健康モデルとして
  • 料理のカロリー計算と健康栄養指導の監修とコメント
  • レストラン番組、美容番組、健康番組の監修、指導、コメンテーター、商品解説など
  • お茶、お酒、ドリンク、スィーツに関するコメントと指導、監修、商品解説など
☆日本食文化研究家としての活動
  • 日本のおもてなしと作法について 指導、コメント、監修、実演、実習モデル
  • 武家の饗応料理 殿様料理について
  • 各藩の饗応料理 おもてなし料理 47都道府県の郷土料理について
  • 戦国武将の食文化 (強靭な体力と精神力) 提案、指導、監修、実演、創作
  • 陣中食・忍者の食事(体力増進と頭脳明晰食) 提案、指導、監修、実演、創作
  • 地場産業を活性させるための、食からの見解。コメント 番組指導
  • 「ハレの日」と「ケの日」の日本の料理としきたり
  • 古式ゆかしき婚礼料理 歴史観 伝統食指導 監修 コメント 料理製作
  • 歴史番組の指導と料理提案(江戸時代・戦国時代・平安時代・古代食)
  • 日本文学と食のかかわり
    (古事記・日本書紀・源氏物語・戦国記・饗応・幕末・明治維新・近代史からみた日本の食文化を解説指導)
  • 日本の調味料とつまもの 解説 指導 コメント

その他多数 ご提案いたします。

講演している緋宮栞那

講演・演題のご提案

☆【歴史・教育編】
例)
  • 日本食はなぜ世界で一番人気があるのか ~世界無形文化遺産となった理由~
  • 「大奥の食卓」 ~姫たちの美と健康、そして幸せ~
  • 「武士の食卓」 ~和食が世界無形文化遺産となったわけ~
  • 歴史の流れと食文化 ~公家と武士のおもてなし~
  • 子どもの食育・大人の食育 ~「いただきます。ごちそうさま。」~
  • ハレの日とケの日 ~マツリ文化と日本人の食生活~
  • 幕末の英雄たちは、何を食べていたのか ~英雄の歴史を作った食生活!~

その他多数、ご提案いたします。

☆【栄養学・健康学編】
例)
  • メタボリック解消!生活習慣病解消! ~これを食べれば健康になる~
  • 絶対やせる! ~幸せになるダイエットメニューと5分体操~
  • やさい・お魚・お肉のコンシェルジュ ~健康と食材の選び方~
  • 自然のリズムと生きる、日本の食材 ~長寿と健康の秘訣~
  • 食事で健康を作る秘訣を伝授 ~何をどれだけ食べたらいいのか~
  • 本当の「活食」は、和食にあり! ~栄養学と健康学~
  • 日本の食養・食べることで健康になる! ~日本の調味料とつまもの~
  • その他多数、ご提案いたします。

その他多数、ご提案いたします。

饗応料理の会

各藩主のご子孫をお招きして演題をやっていただいたり、それにまつわる時代考証再現食を食したりする会でございます。

開催予定

現在、開催予定はございません。

過去の開催実績

2014年4月25日(金)
殿様の会
織田信長のビッフェスタイル 饗応の会 ~織田家ご子孫をお迎えして~
2014年6月16日(月)
殿様の会
黒田官兵衛の時代考証再現食 ~黒田官兵衛ご子孫 黒田清隆氏をお迎えして~
2014年8月20日(水)
殿様の会
伊達政宗にまつわる時代考証再現食 ~伊達政宗子孫・伊達家ご当主をお迎えして~
2014年11月17日(月)
殿様の会
武田信玄の戦勝祝い食 「戦勝・祈願料理 祝い膳」 ~武田信玄ご子孫 武田家ご当主をお迎えして~
2015年1月19日(月)
幕末英雄の会
木戸孝充・桂小五郎にまつわる時代考証再現食 ~木戸孝充ご子孫をお迎えして~
2015年2月16日(月)
幕末英雄の会
第2回 木戸孝充・桂小五郎にまつわる時代考証再現食 ~木戸孝充ご子孫をお迎えして~
2015年4月27日(月)
幕末英雄の会
勝海舟・江戸幕末時代考証再現食 ~勝海舟玄孫の髙山みな子氏をお招きして~
2015年5月19日(火)
幕末英雄の会
黒田清隆の幕末 時代考証再現食 ~ご子孫 黒田清久氏をお迎えして~
2015年6月15日(月)
殿様の会
薩摩・島津家 士風の会 ~島津家ご投手 島津義秀氏をお迎えして~
2015年7月24日(金)
幕末英雄の会
西郷隆盛の会 時代考証再現食 ~西郷隆盛ご子孫をお迎えして~子孫しか知らない本当の姿~
2015年8月24日(月)
殿様の会
川中島の戦い 時代考証再現食 ~武田信玄・上杉謙信 ご子孫をお迎えして~
2015年9月26日(土)
幕末英雄の会
榎本武揚と勝海舟 ~榎本武揚ご子孫・勝海舟ご子孫をお迎えして~
2015年10月20日(月)
幕末英雄の会
坂本龍馬と勝海舟の会 ~坂本家ご子孫 勝海舟ご子孫をお迎えして~
2015年11月25日(水)
殿様の会
上杉謙信公の篠笛 ~上杉謙信公のご子孫をお迎えして 謙信公愛用の「ひとよぎれ」~
2016年1月7日(月)
饗応料理の会
和食の神様・四篠司家 包丁道 ~包丁道・四篠隆彦先生をお迎えして~
2016年2月9日 火曜日
幕末英雄の会
大久保利通の会 ~ご子孫である大久保利泰さまをお迎えして~
2016年3月2日 水曜日
英雄の会
「真田幸村の饗応の会」ご案内 ~真田信之公のご子孫であられます、真田幸光先生をお迎えして~
2016年4月5日 火曜日
英雄の会
上杉鷹山の饗応の会 ~上杉鷹山のご子孫をお迎えして~
2016年5月26日 木曜日
饗応料理の会
武士の食卓「蘭学と食養の会」 ~武田浩医師(内科認定医 糖尿病学会学術評議員)をお招きして~
2016年5月26日 木曜日
饗応料理の会
武士の食卓「蘭学と食養の会」 ~武田浩医師(内科認定医 糖尿病学会学術評議員)をお招きして~
2016年5月26日 木曜日
饗応料理の会
武士の食卓「蘭学と食養の会」 ~武田浩医師(内科認定医 糖尿病学会学術評議員)をお招きして~
2016年6月21日 火曜日
殿様の会
武士の食卓 蘭学と食養の会 ~徳川様をお迎えして~
2016年8月30日 火曜日
饗応料理の会
蘭学と食養の会 ~医師の村田先生をお招きして~
2016年8月30日 火曜日
饗応料理の会
武士の食卓「蘭学と食養の会」 ~村田朗医師をお招きして~
2016年8月30日 火曜日
饗応料理の会
武士の食卓「蘭学と食養の会」 ~第2回蘭学と食養の会~
2016年9月29日 木曜日
饗応料理の会
武士の食卓「蘭学と食養の会」 ~第3回蘭学と食養の会~
2016年10月26日 水曜日
饗応料理の会
武士の食卓 蘭学と食養の会 ~関口忠相様をお迎えして~
2016年10月26日 水曜日
饗応料理の会
武士の食卓 蘭学と食養の会 ~関口忠相様をお迎えして~
2016年12月12日 月曜日
饗応料理の会
朝鮮通信使の献上品・高麗人参を食べる会 ~上杉孝久氏をお迎えして~
2016年12月12日 月曜日
殿様の会
朝鮮通信使の献上品・高麗人参を食べる会 ~上杉孝久氏をお迎えして~
2016年12月18日 日曜日
饗応料理の会
ムスヒ財団主催パーティー ~井下田久幸氏をお迎えして~
2017年1月10日 火曜日
英雄の会
新年祝いの会 ~九重親方をお招きして~

CONTACT

講演の依頼や番組出演などのお問い合わせは、お問い合わせフォームより、お気軽にお問い合わせください。